×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

亜鉛の効果


亜鉛の効果と効能についての亜鉛の説明ページです。
蛋白質や遺伝子をつくる酵素に含まれています。
亜鉛の効果

血液に多い鉄に比べ細胞内でもっとも多い微量元素である。

血清亜鉛の危険限界値は5〜8μg/mlである。成人の1日の亜鉛必要量は10〜15 mg程度で小腸、十二脂腸から吸収され、食物中の動物性蛋白、アミノ酸、ペブチドなどは腸管からの吸収を促進する。亜鉛は70種以上の金属酵素の活性化に関与し、亜鉛欠乏時には種々の機能障害をきたすことが推定されているが、一定の成績は得られていない。また成長ホルモン過剰による先端巨大児では、血清亜鉛の低下、尿中亜鉛の増加など亜鉛とホルモンの関係を示す報告がみられるが、これらを説明する機構はまだ十分解明されていない。

どんな亜鉛をとれば良いのか?

亜鉛の一日の所要量は9〜12mgなので、必要量配合されているもの(10mg前後摂れる物)を選びましょう。過剰に摂ると急性の中毒や、すい臓機能に異常をきたすことがあるので、上限の30mgを超えないようにしましょう。また、体内吸収が高いとされる、グルコン酸亜鉛が使用されているものがいいでしょう。飲み易い粒、大きさ、味のものが長く続けられるポイントです。

☆健康補助食品のランキング☆


【1位】
カリウム
【2位】
タルトチェリー
【第3位】
ヨシキリザメ
【第4位】
サメ肝油
【第5位】
免疫ミルク
カリウム
タルトチェリー ヨシキリザメ サメ肝油 免疫ミルク
  • 【ランキング1位】カリウムとは?
    カリウムはナトリウムやカルシウムと共に、神経や筋肉の機能を正常に保つ為必要です。またカリウムは細胞内外のミネラルバランスを維持するのに役立ちます。
  • 【ランキング2位】タルトチェリーとは?
    ビタミンCやE、Aよりもはるかに強力な抗酸化物質と言われております。また、美味しくてなおかつフラボノイド・アントシアニン・エラグ酸などが含まれ、今最も注目されている食品のひとつです。
  • 【ランキング3位】ヨシキリザメとは?
    バイオシャークは栄養の補助として利用される事で免疫力の増強、併せて自然治癒力の向上による健康な体の維持が手軽にかなえられる最良の食品と言えます。
  • 【ランキング4位】サメ肝油とは?
    深海ザメの肝臓は身体に比べて大きく、とくに良質のスクワレンが採れるアイ鮫は体重の4分の1が肝臓なのです。そして、肝臓の4分の1が肝油で、その肝油の9割がスクワレンです。
  • 【ランキング5位】ラクトフェリン『免疫ミルク』とは?
    最近の免疫ブームで、よく耳にする「ラクトフェリン」ですが、ラクトフェリン(免疫ミルク)は免疫力を高める物質の一つで、牛の初乳を原料とする、米国発祥の健康食品です。

 

健康補助食品のランキングの更新は月に1回程度です。
予めご了承下さい。

 

無料SEO対策のASY! | 無料SEO テンプレート | 簡単・決め打ちSEO対策 | 小さな商用サイトのSEOとSEM